地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」

阪神・淡路大震災、あの日から20年。

阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ2015

阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ 2015」が平成27年1月17日(土)にノエビアスタジアム神戸で開催されました。

震災から20年経った2015年1月17日(土)、ヴィッセル神戸が時を共有してきた神戸の地で、ヴィッセル神戸現役選手、OBの選手で構成されたチーム「KOBE DREAMS」が、元日本代表選手率いるスター軍団のチーム「JAPAN STARS」と試合をしました。
KOBE DREAMSにはヴィッセル神戸のOBとしてキングカズこと三浦知良選手、JAPAN STARSには中田英寿選手など、豪華な選手たちも参加されました。

「We never forget 117」をテーマにし、震災が起こったことをずっと語り継いでいくために思いと願いを込めて、アツく、そして楽しく選手たちはプレーをしてくれました。
ヒデの入場で盛り上がるスタジアム
ヒデの入場で盛り上がるスタジアム
ウォーミングアップをする両チーム<br>試合が待ち遠しいです
ウォーミングアップをする両チーム
試合が待ち遠しいです
身振り手振りを使って合唱をしてくれた西灘小学校の生徒たち
身振り手振りを使って合唱をしてくれた西灘小学校の生徒たち
黙祷後、試合が始まりました
黙祷後、試合が始まりました
ヴィッセル側の応援団による1.17の人文字
ヴィッセル側の応援団による1.17の人文字
選手の皆さん、ありがとうございました
選手の皆さん、ありがとうございました
試合は三浦知良選手率いるKOBE DREAMSが勝利。
2得点を決めたキングカズの“カズダンス”にも盛り上がったスタジアム。
選手たちのプレーが、震災を受けた神戸に感動と喜びを与えてくれました。

試合が終わった後、サポーターの皆さんで「神戸讃歌」を合唱しました。