地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」

元町映画館☆特集

背徳の王宮

週刊誌さん、この映画の内容、すっぱ抜いて!"!

(c)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
(c)2015 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
背徳の王宮

朝鮮王朝の時代でも類を見ない暴君、燕山君(ヨンサングン)の実話が舞台となった欲望と権力が入り混じった歴史映画。燕山君は自身の欲望を満たすために国中から1万人を超える美女を集める(この時点で半端ない)。それを命じられた重臣のイム・スンジェは強制的に女性を集めた。その中から美と知性を携えた謎の娘ダニに心惹かれ、彼女を使って王の寵愛を独占させ自分の意のままに王をそして国を操ろうとする。一方、王の寵妃であるチャン・ノスクもまた自身の野望のために芸妓であるソル・チュンメを使ってスンジェの野望を妨害する。それぞれの思惑が絡み合った王宮の中で妖艶でどす黒い歴史物語が始まる。

寝る前に小腹が空いたからちょっとお菓子を...あと5分だけ眠らせて...そんな欲望とは正反対な、どゲスい話。主演を務めるチェ・ジフンとキム・ガンウ。身長もあって恰幅のある男性二人が互いの欲望のために1万人の女性を集める。これだけでもゲスい。不倫とか離婚とかそんな規模じゃない。

そこに割って入る女性陣。謎の女ダニは野心を抱き王の寝首を取ろうと画策する。王の寵妃であるチャン・ノクス。ひたすら上にのし上がる向上心を持つソル・チュンメ。各々が女性の魅力、そして男心を巧妙に突く。仕草で美貌でことば巧みに男を説き伏せる

映画の中盤、国中から集められた女性が王の前で一堂に会す。同じ衣装で髪を結わえて。同じ衣装を着させる。これだけで王の権力を指し示す。入り乱れた男女模様は次々に伝染していき、自分を高めるために男は女を、女は男を利用する。

映画って手頃で見れると思ってましたが、大画面で男女のドロドロ見るのはこちらもなかなか心疲れちゃいます。でも随所に挟むアクションでスカッとさせられることも。たとえ演技と分かっていても肉体で表現する役者さんはやっぱすごいです。

そしてそんなことができちゃう、人間てやっぱり怖いですわ。

上映スケジュール
『背徳の王宮』
上映スケジュール
4/16(土)~4/22(金)
13:00~