地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

神戸市東灘区の地域情報サイト「まいぷれ」

元町映画館☆特集

好きにならずにいられない

アイスランドの片隅で、心優しい大男が恋をした。

好きにならずにいられない

まず言います、このビジュアルに騙されないで!間違っても暑苦しい映画ではないことお約束します。「ハゲでデブで童貞でっていいところないじゃない」って言いたくなる気持ちぐっと抑えて!考えてみてください、世間から見える弱点を全てこのビジュアルで説明してしまっている、一度見たら忘れられない、むしろこんな個性の塊がここにいます。

本作はこんなお話。
アイスランドに住む43歳の大男”フーシ”。空港で仕事をし、同僚にはその巨体を馬鹿にされ、近所の女の子と遊んでいると幼女誘拐と勘違いされる。彼女なし、もっぱらの趣味は戦車などのジオラマ作り。そんな彼だったかが、見かねた母が提案したダンス教室で陽気な彼女シェヴンと出会う。次第に惹かれていくが彼女は心に傷を抱えていた。

空港で働くフーシ。アイスランドの乾いた空気とどこまでも広がる地平線がフーシの今後を未来を彷彿とさせる。フーシの見た目。間違いなくこの見た目が本作をより良いものにしています。そう言っても過言ではない。また趣味がジオラマってなんでその巨体で小さきものを好くのでしょうか。
近所に住む幼子が言う「どうして大人なのに奥さんいないの?」。本当、やめてほしい。相手は子供だから「それは好きな人がいないからだよ」なんて強がりは通用しません。子供って純粋、いやアイスランドの子供には言葉のフィルターないのか。
でも年齢差ぶっ飛んで質問し、それにあの体格差だ。まるで現実の話ではないような、なぜか現実味が感じられない。親近感が湧かないのに応援したくなるのはなぜだろうか。フーシの愛嬌か。

そして本作の一番の魅力はアイスランドという国にあると思う。フーシが暮らす家、ダンス教室、車から見える外の景色さえ映画の重量な要素になっていると思う。特にフーシがご飯を一人で、そしてシェヴンとの愛を確かめ合う寿司屋。思えばアイスランド料理てなんだ?気候は雪に包まれていて乾燥してそう。その反動で熱帯地域の国の料理が流行っているのか。店内はお客さんでいっぱいのようだ。監督はこのお店をうまく使ってフーシの感情を表現しているように思えた。
彼女が今までいない中、意中の人とは特別な店で話がしたい、だからちょっと良い店に連れていく。わかる、わかる、私も学生の時は奮発して予約していったものだ。今では大衆居酒屋万歳なのだが。店内のBGMやお客さん同士の会話がフーシの感情を表現しているようにうるさかったり無音だったりする。

アイスランドという国は女性から男性にアプローチをする機会も多いという。だからフーシは結構稀なケースなのかもしれない。心に傷を抱えたシェヴンを見つけても直接的な言葉をかけるでもない。そっと見守る。じっと寄り添う。その頃にはジオラマの姿はなく彼女だけを見ている。彼女に”好きにならずにいられない”状態だ。

映画の終盤はフーシは人生が変わるほどの選択をせまられる。私だったら「オイ、なんでだ。どうしてだ」と相手を問いただしてしまうだろう。フーシはどんな選択をするのか。相手を好きになれば人は変われる。私は「フーシ頑張れ」ではなく「フーシおめでとう」と言いたくなりました。
本作の終わりをハッピーエンドと見るか、えぇ~?と思うか意見が分かれるかもしれませんがそれも映画の良いところです。

『好きにならずにいられない』
上映スケジュール
8/6~8/12
12:10~
8/13~8/19
16:00
毎週火曜日はレディースデー¥1100